読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたおわり自由研究

都市に生きる生物たち

東谷山のシデコブシ

◼️2017年4月5日(水)晴れ

    東谷山 南登路周辺

 

みろくの森のある春日井東部丘陵の、庄内川を挟んだ対岸に、名古屋市唯一の山岳、東谷山が存在する。麓ギリギリまで志段味地区の開発の手が迫っているのだが、山域内には比較的森林が残っている。

 

みろくの森からそう遠くはないこの地にも、東海の希少種のマスコット的な存在であるこの種が生育している。

 

まずは県道沿いで発見。

f:id:efoznx8019:20170412061248j:image

1箇所に数株が見られるだけ。

f:id:efoznx8019:20170412061320j:image

植生遷移は進行気味であり、競合種が多数。

f:id:efoznx8019:20170412062738j:image

花被片は10枚以上。

f:id:efoznx8019:20170412063141j:image

f:id:efoznx8019:20170412063201j:image

モクレンモクレン

シデコブシ Magnolia stellata

 

続いて、南登山道。

f:id:efoznx8019:20170412180504j:image

f:id:efoznx8019:20170412180736j:image

こちらは小川沿いの生育地。

f:id:efoznx8019:20170413050458j:image

周囲には水が流れており、比較的他の植物が侵入しずらい。

 

すれ違ったベテランの方が言うには、今年は花が少ないとのこと。確かに、本種と思しき株は多く見られるものの、花の咲いている株は少なかった。