読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたおわり自由研究

都市に生きる生物たち

小牧山の照葉樹林①

◼️2017年3月29日(水)晴れ

    小牧山 

 

尾張平野に孤峰が存在する。

 

16世紀の尾張の支配者・織田信長が城を築いた事により、現代では史跡となり、名古屋大都市圏にありながら開発から免れた。

 

結果、自然植生を目にすることができる。

 

樹冠形成種として、主に優占するのはこの種。

f:id:efoznx8019:20170411135521j:image

 クスノキ科タブノキ

タブノキ Machilus thunbergii

 

 ただし葉がついている部分がはるか上方のため、同定や観察が容易ではない。

 

したがって、麓の庭園地に植栽されている株を観察して、特徴をつかむのが望ましい。

f:id:efoznx8019:20170411140514j:image

f:id:efoznx8019:20170411140610j:image

葉はきれいな長楕円形。

f:id:efoznx8019:20170411140930j:image

f:id:efoznx8019:20170411141237j:image

先端の尖り方が特徴的。

f:id:efoznx8019:20170411141423j:image

クスノキ属とは異なり、葉脈は羽状。