読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたおわり自由研究

都市に生きる生物たち

桜通のシデコブシ

◼️2017年4月3日(月)晴れ

    桜通 久屋大通駅付近

 

街路樹系モクレン科で、白色の花を展葉前に咲かせる種は、コブシとハクモクレン。また、ピンク色のイメージが強いシデコブシも、場合によっては白色系の花を咲かせるらしい。

 

通りすがった刹那、コブシだろうとおもいきや、

f:id:efoznx8019:20170404185159j:image

f:id:efoznx8019:20170404185219j:image

f:id:efoznx8019:20170404185246j:image

なんとシデコブシだった。

 

名古屋市は、街路樹に希少種を用いる傾向があるらしい。

 

コブシとは、花被片の数で区別する。

花被片は花弁と萼の総称であり、モクレン科のように双方の区別がつかない分類群においては、花びらみたいなものをそのように呼ぶらしい。

 

簡単に言えば、花被片が6枚に見えたらコブシ、9枚以上あるように見えたらシデコブシ

f:id:efoznx8019:20170404190903j:image

f:id:efoznx8019:20170404190918j:image

たくさんついている。

 

モクレンモクレン

シデコブシ Magnolia stellata